酒造りのこだわり

自然豊かな環境のもと、私達は酒造りを行います。

日本酒の原料は米と水です。美味しいお米や、綺麗な水を使用しいても その原料を使用する場所が自然豊かな場所でなければ日本酒本来のお米や水の美味しさを お客様にお届けすることができないと考え、菊池の山上に移転し酒造りを行っています。

空気

蒸米を冷却するのは蔵の周辺の冷気。空気も大切な原材料になるため、緑と棚田に囲まれた自然豊かな環境を大切にしています。

米

私どもは、菊池のお米を使用した酒造りに取り組んでいきます。菊池で収穫されるお米は“肥後米”と言い、昔から加賀米と並んで特別な値段がつく程人気がありました。菊池のお米が美味しい理由は、菊池川とその支流に育まれた土壌が肥沃で、特に七城地区をはじめ、私どもの酒蔵周辺は有名な米どころです。

酒蔵

酒造りに適した水や酒造米に恵まれた熊本県菊池市の水源小学校跡に美少年の酒蔵はあります。菊池渓谷に最も近く、自然豊かな環境のもと酒造りを行っております。

酒造りの流れへ

水

日本名水百選にも選ばれている菊池渓谷。その菊池水のミネラル豊富な伏流水を酒造りに使用しています。 ミネラル豊富な水を使う事で、お酒を造る微生物(麹菌や酵母)のエネルギー源となり、醗酵を促進する役割を担います。