日本酒の美味しい割り方 基本から意外なアレンジまでご紹介

日本酒はそのまま飲むだけでなく、さまざまな飲み方が楽しめるお酒です。本記事では、お湯割り・水割り・氷割りなど日本酒の基本の割り方から意外な割り方まで、いろいろな割り方についてご紹介します。あまりお酒に強くない方でもアレンジ次第で日本酒を美味しく飲めるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも市販の日本酒は加水調整されている

市販の日本酒は一般的に加水調整(割り水)されています。加水調整とはアルコール度数が20度程度の原酒に水を加えて、日本酒が美味しいとされるアルコール度数(15~16度程度)に調整することです。
ですから、日本酒のラベルに「原酒」と書いてないものはすべて加水調整されていると思ってください。逆に原酒のラベルが貼ってあるものは、加水調整されていないお酒ということです。
もちろん原酒も濃厚な香りと味わいが楽しめるため、大変人気があります。お酒があまり強くない方でも原酒を飲んでみたい場合には、ほかの飲み物で割ると飲みやすくなっておすすめです。

日本酒の基本の割り方

ここからは日本酒の定番の割り方である、お湯割り、水割り、氷割りの作り方と味わいについてご紹介します。どれも日本酒を美味しく飲みやすくする割り方ですので、ぜひ自宅での晩酌時などに試してください。

お湯割り

日本酒をお湯で割る「お湯割り」は、アルコール度数が低くなるため、お酒があまり強くない方や日本酒初心者におすすめの飲み方です。お湯割りの基本は、日本酒とお湯を8:2の割合で割って作ります。耐熱ガラスに50度程度のお湯を入れ、あとから日本酒を注ぎましょう。日本酒を温めることで香りがよく感じられ、口あたりもまろやかになります。体の芯まで温まるので、冬場にもおすすめの飲み方です。

水割り

すっきりとした味わいの「水割り」は、日本酒の人気の飲み方です。水割りもお湯割り同様、日本酒と水を8:2で割って作ります。その際、割り水には5~8度程度の冷たい軟水を使うのがおすすめです。軟水を使うことで軽やかな口あたりになって日本酒初心者でも飲みやすくなります。さわやかなのど越しで暑い季節にぴったりの飲み方です。

氷割り

日本酒をキンキンに冷やした状態で飲みたいのなら、日本酒にたっぷりと氷を入れる「氷割り」がいいでしょう。氷割りは氷が溶け出すまではロックの状態で日本酒本来の味が楽しめ、氷が溶けてきたら段々と日本酒が薄まって飲みやすくなります。使う氷は天然水で作られた氷がおすすめです。雑味がないため、日本酒の味を邪魔しません。

日本酒の意外な割り方

いつもの日本酒に飽きたら、変わった割り方を試してみてはいかがでしょうか。ここからはバリエーション豊かな日本酒の割り方をご紹介します。

ソーダ割り

爽快感が魅力の「ソーダ割り」はのど越しのよさが魅力の飲み方です。使用するソーダ水は無糖、加糖どちらでも構いません。さわやかさを追求するのなら無糖、カクテルのような甘さを楽しみたいなら加糖を選びましょう。割り方は日本酒とソーダ水を1:1で割ります。ソーダ水以外にも、コーラやジンジャーエール、レモンソーダ、グレープフルーツソーダなどで割ると甘みや風味がプラスされてより飲みやすくなります。

お茶割り

日本酒をすっきりと飲みたいなら「お茶割り」を試してみてください。お茶割りは、一般的に日本酒とお茶を1:1で割って作ります。緑茶で割ることが多いですが、ジャスミンティーや紅茶、ほうじ茶やウーロン茶など、いろいろな種類のお茶で試してみるとアレンジの幅が広がります。お茶割りは日本酒の香りを和らげてくれるので、お酒が強くない方でも楽しめる飲み方です。また、暑い夏にはアイス、寒い冬にはホットと2通りの楽しみ方ができるのもお茶割りの魅力です。

牛乳割り

日本酒がヨーグルトのような味わいになると今注目されているのが、日本酒の「牛乳割り」です。驚く方もいるかもしれませんが、日本酒は乳製品と相性がよいと言われています。牛乳割りもほかの飲み物同様に、日本酒と牛乳を1:1で割って作ります。牛乳が苦手な方なら、豆乳もおすすめで砂糖を加えるとより飲みやすくなります。また、同じ乳製品つながりで、バニラアイスに日本酒をかけて食べるというアレンジ方法もあります。気になった方はぜひ試してみてください。

カルピス割り

昨今、Twitterで話題となったのが日本酒をカルピスで割る「カルピシュ」です。カルピス割りは、日本酒とカルピス原液を8:2で割って作ります。また、ソーダ割りの要領で、カルピスソーダで日本酒を割っても美味しいです。とても飲みやすいため、飲みすぎに注意しましょう。

まとめ

日本酒はそのまま飲むだけでなく、さまざまなアレンジが楽しめるお酒です。今回ご紹介した割り方以外にもオレンジやグレープフルーツなどのかんきつ系ジュースやトマトジュース、コーヒー、だし汁などで割る方法もあります。ぜひ、紹介した割り方を試してみたり、自分好みの美味しい割り方を見つけてみたりしてもっと日本酒を楽しんでいきましょう。