純米吟醸と吟醸の違いは何?

「日本酒を飲んでみたいけど、どう選んだらいいかわからない」「日本酒が好きでよく飲んでいるけれど、その名前の意味をきちんと知らない」という方のために、純米吟醸酒と吟醸酒について詳しくご紹介します。

ぜひ、各酒蔵が手間暇かけた日本酒を味わう際の参考にしてみてください。


吟醸酒について学ぶ際、知っておきたい基礎用語

吟醸酒には一定の基準があり、それらをクリアしないと「吟醸」の表示をすることができません。その基準を学ぶ前に、まずは関連する基礎用語についてご説明します。


特定名称酒

まず、清酒の中で一定の条件を満たしたものは「特定名称酒」と呼ばれます。吟醸酒や純米吟醸酒は、これに当たるものです。一定の条件とは、「検査によって3等以上とされた米のみを使用し、さらにその米の重量に対して15%以上の重量の麹米を使用すること」と定められています。


特定名称酒は、原料や精米歩合の違いによって分類されます。純米吟醸酒や吟醸酒の他にも、本醸造酒や特別純米酒などがあります。


精米歩合

「精米」とは玄米の表面を削った米のことを指し、「精米歩合」は玄米の状態に対してどれだけ米を残したか、をパーセントで表したものです。

食事に利用する白米は米の栄養素を損なわないようあまり削らないため、精米歩合は高めです。しかし、日本酒を製造する米の場合は、その栄養素が雑味の原因になります。そのため、食用精米よりも精米歩合を低めに抑えるのです。


吟醸造り

「吟醸」を名乗るためには、その精米歩合を60%以下に抑え、長い時間をかけて低温で発酵させる必要があります。この工程によって香りや味、色つやの優れた日本酒を造ることができますが、この製法のことを「吟醸造り」と呼びます。「純米吟醸酒」や「吟醸酒」は、すべてこの製法で製造されています。


吟醸酒とは

製造時、米・米麹・水だけでなく、サトウキビを原料とした醸造アルコールを混ぜることでできるのが吟醸酒です。ただし、醸造アルコールを多く入れてしまうと、せっかくの吟醸造りの風味が損なわれるので、その割合は重量の1割以内と決められています。もろみから日本酒を絞り出す前に醸造アルコールを混ぜると、香りや味がしっかり残った日本酒ができあがります。


香りや味を楽しむためには、冷やして、もしくは常温で飲むことをおすすめします。これは、熱しすぎるとせっかくの香りが飛んでしまうため。実は吟醸酒は、熱燗に不向きな日本酒なのです。


また、吟醸酒には香りが特徴となるよう製造したものと、味が特徴となるよう製造したものの2種類があります。

前者は華やかでフルーティな香りがしますが、さっぱりとした飲み口で、食前酒として飲むのに向いています。その特徴から「ハナ吟醸」とも呼ばれ、日本酒には豊かな香りが不可欠と考える方におすすめの吟醸酒です。10度ほどの冷たさで飲むことにより、いっそう香りを感じられるでしょう。


対して後者は、控えめな香りながらも、口に入れた際に広がる深い味わいから、別名「味吟醸」と呼ばれています。食中酒に向いており、料理との相性もよく、食事をより楽しむことができます。温めすぎると香りが飛ぶため、40度くらいのぬる燗で飲むのがよいでしょう。


純米吟醸酒とは

醸造アルコールを一切混ぜずに製造されるのが「純米吟醸酒」です。米と米麹、そして水のみを原料とすることで、米そのものの旨味を十分に引き出すことができます。穏やかながらも濃厚なコクと味わいがあり、華やかな吟醸香を楽しむことができるのが特徴です。


純米吟醸酒は普通の吟醸酒と違い、熱燗でも楽しむことができます。温度を変えることによって様々な米の旨味を感じることができますが、中でもおすすめは常温から、40度くらいまでのぬる燗です。米の風味を一番感じられるのがこの温度帯だといわれています。体へのアルコール吸収速度も穏やかなため、すぐに酔ってしまうことも少なく、じっくりと味わうことができるでしょう。


「大」がつくものとつかないものの違い

清酒の種類には、「純米大吟醸酒」「大吟醸酒」のように「大」がついている酒が見られます。これらは、前述した2つのものとどう違うのでしょうか。


吟醸酒で「大吟醸」を名乗ることができるのは、精米歩合が50%以下のもののみ。前述した2種類の酒よりも米を多く磨き、より中心部だけを残すことで、雑味をさらに抑えられます。


また、吟醸酒や純米吟醸酒を製造する場合よりも厳しい温度管理を行い、味を際立たせていることも特徴です。手間暇かけて通常の吟醸酒や純米吟醸酒を上回る日本酒に仕上げたものが、この「大」がつく日本酒なのです。


このように、選ばれた日本酒のみが純米吟醸酒や吟醸酒を名乗ることができるため、本格的な日本酒を飲んでみたい時は、これらを冠した日本酒を選べば間違いないでしょう。

食前に飲むのか食中に飲むのか、また米の味を堪能したいのか、その目的に合った日本酒をきちんと選ぶことでより日本酒を堪能することができますので、日本酒の違いを理解して楽しみましょう。


参照URL

【用語】

http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/sake/type/type01....

http://www.sawanotsuru.co.jp/site/nihonshu-columm/...


【吟醸酒】

http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/sake/type/type01....

http://www.sake-samurai.com/sake/ginjyo01/

http://www.sawanotsuru.co.jp/site/nihonshu-columm/...

https://bishonen.jp/item/daiginjo/113273/


【純米吟醸酒】

https://bishonen.jp/category/junmaiginjo/

http://www.sawanotsuru.co.jp/site/nihonshu-columm/...

http://www.sawanotsuru.co.jp/site/nihonshu-columm/...


【大】

http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/sake/type/type01....

https://bishonen.jp/category/daiginjo/

http://www.sake-samurai.com/sake/ginjyo02/


まとめ

吟醸酒や純米吟醸酒は一定の条件をクリアした特定名称酒と呼ばれる日本酒で、精米歩合が低い米を低温で発酵させる吟醸造りという製法を用いています。また、醸造アルコールを混ぜるか混ぜないかで「純米」かどうかが決まります。吟醸酒は冷やすか常温、種類によってはぬる燗で、純米吟醸酒はどんな温度でも楽しむことができます。ぜひ、お好みに合わせてお楽しみください。