新陳代謝UP!日本酒の効能と美肌・健康への効果

効果イメージ

日本酒には多くの栄養素が含まれており、健康や美容の促進、ダイエットに効果的な飲み物であることをご存じでしたか?
この記事では日本酒が健康や美容に果たす役割を、くわしく紹介しています。
百薬の長とも言われる日本酒の効能を知れば、今までよりおいしく飲めるようになるでしょう。

どんな特徴がある?日本酒の栄養成分と効能

日本酒には栄養成分が非常に多く含まれています。
その数は700種類にものぼるという説まであるぐらいです。
日本酒は米と米麹を発酵させることによって製造される醸造酒ですが、原料や発酵の過程で生まれる栄養成分がそのまま残ります。そのため、日本酒には多くの栄養成分が含まれるわけです。

日本酒の効用として、まずあげられるのは身体を温める効果です。
日本酒には血管の働きをスムーズにして体温を上げるのを助ける「アデノシン」という成分が多く含まれています。

また日本酒はタンパク質のもととなるアミノ酸を多く含んでいます。
タンパク質は健康な身体をつくるのに必要不可欠な栄養成分です。
日本酒にはタンパク質の働きをサポートするビタミンB6も多く含んでいます。
さらにアミノ酸には、心筋梗塞・動脈硬化・肝硬変などの生活習慣病を防ぐ働きも期待されます。 このように多様な効能が期待される日本酒ですが、大量に摂取したり、空腹の状態で飲んだりすると、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。日本酒を健康的に楽しむためには空腹時を避けて、おつまみと一緒にほどほどに飲むようにしましょう。

「百薬の長」日本酒のありがたい効果

日本酒には新陳代謝を促進する効果があると言われています。
日本酒に体温上昇を助けるアデノシンが多く含まれることは前に書きましたが、体温を上げることで新陳代謝もよくなるのです。

新陳代謝とは簡単にいうと、身体の中の古い細胞が新しい細胞へ入れ替わる状態を言います。
たとえば髪の毛や皮膚が常に新しく生成されていくのも、新陳代謝による効果です。
いつまでも若々しく健康的に暮らすためには新陳代謝が不可欠です。
また新陳代謝が活発になることによる効果もさまざまあげられます。
たとえば血行が良くなって身体の凝りがほぐされたり、内臓の機能が活発になってエネルギー消費量がアップし、冷え性が改善されたりといった効果も指摘されています。

人間の身体にとって必要不可欠な新陳代謝ですが、年齢を重ねていくごとに低下していきます。
活発な新陳代謝を維持するためにも、適度に日本酒をたしなむのは効果的です。

日本酒の美容効果

日本酒にはたくさんの栄養成分が含まれることから、様々な美容効果も期待できると言われています。
たとえば日本酒に含まれるうまみ成分「α-EG」が皮膚のコラーゲン量を増やすため、適量飲み続けると肌にハリがでることが最近の研究で分かりました。

また美白化化粧品に含まれていることが多いアルプチン、シミ・たるみの解消に効果があるとされる「フェルラ酸」、肌のターン オーバーを促すフルーツ酸「AHA」なども日本酒で摂取することが可能です。
ターンオーバーが促進され肌の健康が保たれれば、ニキビの改善にもつながります。
さらに日本酒に含まれるアミノ酸「NMF」は、保湿効果があるとされる成分です。保湿状態が保たれれば肌に潤いが生まれます。

一方で日本酒は意外にカロリーが高い点については注意しましょう。
たとえば日本酒とビールを同量摂取する場合、ビールの方がカロリーは高いように思われがちですが、実は逆です。
100mlあたりで比較すると、ビールが約40kcalなのに対し、日本酒は約100kcalになります。
また日本酒に含まれる糖質の量も、他のアルコール類より多いです。
(参照元:https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/02/16/1365343_1-0216r9.pdf)

日本酒を飲む場合には、熱燗で少しずつ味わうなどして摂取量に気を付けましょう。
また、いろいろなおつまみに合う日本酒ですが、冷ややっこや刺身などできるだけヘルシーなものを選ぶのがおすすめです。

適度に飲みさえすれば、日本酒にはダイエット効果も期待できます。
脂質の代謝を促進するビタミンB6が入っていたり、新陳代謝を助ける働きを期待できたりするためです。

日本酒の健康効果

日本酒に含まれる成分は健康の促進に役立つとも言われています。
たとえば血行を良くする「アデノシン」が、血行を改善し、筋肉をほぐすことは前述したとおりですが、それにより、リラックス効果も期待できます。また日本酒の豊かな香りは、アロマのような癒しの効果もあります。
タンパク質の働きを助けるビタミンB6や、食欲増進・疲労回復に効果がある「トリプトファン」も、日本酒に含まれる栄養成分です。

そのほか血圧を下げ高血圧・糖尿病予防に効果的とされるペプチド、抗酸化作用が期待されるポリフェノール「フェルラ酸」も日本酒に多く含まれています。そしてこの抗酸化作用が健康促進に果たす役割が、活性酸素の抑制です。
活性酸素は酸化する力が強いことから、増えすぎると正常な細胞まで傷つけてしまう恐れがあります。
そのため、フェルラ酸のもつ抗酸化作用によって活性酸素の力を抑えることが健康促進に役立つわけです。

●まとめ

日本酒は多種多様な成分が含まれる栄養の宝庫とも言える飲み物です。
飲み過ぎにさえ気を付ければ、健康促進や美容、ダイエットなどに大きな効果が期待できます。
おいしく適度に日本酒を楽しんで、健康で美容的な生活を過ごしましょう。

おすすめの日本酒