日本酒はおちょこで味が変わる?お酒が美味しくなる酒器選びの秘訣

日本酒を飲むときに使う「おちょこ」や「ぐい呑み」。
どちらも扱いやすい大きさで、趣きもあるので、日頃から愛用されている方も多いことでしょう。
これらの酒器には形や素材など、お酒を美味しく嗜むための秘密があります。
この記事では、酒器の種類や形の意味、相性のよい日本酒などをご紹介していきます。

日本酒を飲むならおちょこ派?それともぐい呑み派?

お酒好きな方の中には、「おちょこ」と「ぐい呑み」の違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
どちらも日本酒を飲むときに使われるため、しばしば混同されがちです。
まずは、これら2つの言葉の意味・語源からご説明していきます。

おちょこと徳利のセット

おちょこの特徴

おちょこの語源は「ちょっとしたもの」だといわれています。
また、飾り気がないという意味を持つ「直(ちょく)」から来ているという説もあります。
一口で飲み干せるほどの小さなサイズの酒器を指し、一勺おちょこなら一杯で約18ml、二勺おちょこなら36mlと、数字が大きくなるほど容量も大きくなります。
ちなみに漢字で書くと「お猪口」ですが、これは当て字で、動物のイノシシとは関係がないそうです。

ぐい呑みの特徴

ぐい呑みの「ぐい」とは「ぐいっと飲む」というように、勢いのよさを意味します。
その名の通り、おちょこより大きく、一口や二口では飲みきれない量が入り、ぐいぐいと間断なく飲める酒器です。
容量にははっきりとした定義はありませんが、主におちょことお茶椀の中間くらいの大きさの器が、ぐい呑みと呼ばれます。
ウイスキーや焼酎を飲む際に手頃なサイズのため、日本酒以外のお酒を飲むときに好んで使用する方も少なくありません。
お店で飲むときは、おちょこは徳利などの容器とセットで提供されます。
対してぐい呑みは、直接注がれて提供されるのが一般的です。
ゆっくりと自分のペースで味わいたい方はおちょこ、一度にたくさん飲みたい方はぐい呑みというのが、最もシンプルな選び方とされています。

日本酒が美味しくなる酒器選びのポイント

おちょことぐい呑みの違いが分かったところで、ここからは、酒器の選び方のポイントについてご紹介します。
飲み方や日本酒の温度、さらには酒器の形状・素材によっても味わいが変わってくるので、自分の好みに合ったものを選びましょう。

飲むペースや日本酒の温度による違い

冷酒や熱燗をゆっくり美味しく楽しみたい方には、おちょこがおすすめです。
おちょことセットの徳利は、口が締まっていて温度が変化しにくい構造をしているため、長時間美味しさを保つことができます。
また、少しずつ飲むことで悪酔いも抑えられますし、日本酒は決してカロリーが低いとはいえない飲み物なので、ちびちびと飲むほうがいくらか健康的であるともいえます。
一方ぐい呑みは容量が比較的多いため、ゆっくりと飲んでいては、飲み終わる頃にはぬるくなっている可能性があります。
ぐい呑みは飲むペースがはやく、豪快に楽しみたい方向けの酒器だと覚えておきましょう。

酒器の形による違い

酒器の形も、お酒の味わいに大きく影響します。
香り高いお酒を楽しむなら、広口のものがおすすめです。口が広ければその分、香りが立ちやすくなります。
口を近づけただけで、芳醇な香りが楽しめるはずです。
口が広いほど濃厚で奥深い味わいに、狭いほどすっきりとした口当たりのよい味わいに感じられます。
じっくりと楽しみたいときは、口の広いものを選びましょう。
また、縦長の酒器は軽い飲み口になり、たくさん飲んでも後に響きにくくなります。
一方で、丸みを帯びた壷のような形の酒器は、純米酒や生酛など旨味の濃いお酒の味を引き立ててくれます。
そのほか厚さも重要で、薄い酒器は切れ味や新鮮さを、厚い酒器は旨みや甘味をそれぞれ引き立ててくれます。

酒器の素材による違い

近年では、さまざまな素材を用いた酒器が流通していて、スタンダードな陶器製やおしゃれなガラス製など、高級なものから手頃なものまで幅広い選択肢があります。
実は、これら素材の違いによっても、お酒の味わいは変わります。
口当たりが冷たく、また薄いものが多いガラス製は、切れ味のよいお酒に合います。
吟醸酒など繊細な味わいのお酒がおすすめです。涼しげな見た目から、冷酒にもぴったりです。
逆に陶器製は、温かい口当たりが特徴です。
味をマイルドにする効果もあるので、濃いお酒に適しています。
純米酒や山廃仕込みなどがよいでしょう。
温度を下げにくいので、熱燗とも好相性です。
特に塗り物は、さらに温かい口当たりになります。
そのほか、あまり流通してはいませんが、錫製の酒器も人気があります。
イオン効果のはたらきにより不純物を吸収する錫は、お酒の雑味を抑え、まろやかな味わいにするといわれています。
熱伝導率が高いので、冷蔵庫に入れておけばすぐに冷えて、冷酒の美味しさをさらに引き立ててくれます。
錫の徳利を使えば、すぐに燗がつき、風味が損なわれることもありません。
おちょこも錫で合わせれば、さらに味わいが柔らかくなり、より美味しく楽しめるでしょう。

●まとめ

おちょこは徳利の構造ゆえ、冷酒や熱燗をゆっくり美味しく楽しみたい方におすすめです。
一方ぐい呑みは、ハイペースで豪快にお酒を楽しみたい方向けの酒器といえます。
形や素材などによっても味わいが変わるため、途中で酒器を変えてみるのも面白いでしょう。
酒器はいくつあっても違いが楽しめるので、集める楽しさがあり、お酒好きの方へのプレゼントにも適しています。
今回ご紹介した内容を参考に、ぜひお気に入りの酒器を探してみてください。