日本酒の歴史はいつから始まった?日本人とお酒の歴史

日本酒の人気銘柄「美少年」は、大正9年(1920年)に発売され、今年で100周年を迎えます。
今回はそんな人気銘柄の節目の年にあたり、日本酒の起源や記録に残されている日本酒の歴史など、日本人とお酒の歴史について紹介していきます。

日本酒にまつわる2つの起源

そもそも米や米麹を原料とする日本酒の歴史は、日本に稲作が伝わるのとほぼ時を同じくして始まったと考えられています。
もちろん諸説ありますが、今から約2000年前の弥生時代が有力視されています。
信頼できる史料がほとんど残されていないため、はっきりとした証拠はありません。
しかし、神話や伝説のようなかたちにおいて、古い書物には日本酒と思われる記載があります。
ここでは、日本酒にまつわる2つの説についてご紹介します。

おちょこと徳利のセット

お酒で蛇を退治?「八塩折之酒」

日本に現存する日本最古の書物『古事記』には、須佐之男命(すさのおのみこと)が、八岐大蛇(やまたのおろち)を倒すために「八塩折之酒(やしおりのさけ)」を造ったという話が残されています。
八岐大蛇といえば、日本人なら誰もが一度は耳にしたことがある神話の怪物です。
その八岐大蛇を退治するために作られた八塩折之酒が、日本の書物に初めて登場するお酒です。
ただし、日本では稲作が伝わる以前から果実酒があったという説があり、八塩折之酒が日本酒かどうかは不明です。

口の中でお酒を造った?「口噛みノ酒」

古事記と近い年代に書かれたとされる『大隅国風土記』には、米が原料と断定できるお酒の記述があります。
そこに記述されているのが「口噛みノ酒」です。
これは口の中で噛んで糖化させた米を、壷の中に吐き出し発酵させるという製法で造られるお酒です。
ちなみに、発酵・熟成作用を使用して酒などを造る意味の「醸造」の「醸」は、「醸(かも)す」と読みます。
これは口噛みノ酒の「噛」が語源ではないかという説があります。

今と昔で違うお酒と日本人の関わり方

古事記や万葉集などの古い書物には、人々がお酒を飲む話がいく度となく登場します。
それと同時にお酒は神や天皇にお供えするものであり、それを飲むことで厄を祓うなど神聖なものとしても扱われてきました。
それは時代を重ねた現在でも変わらず、神事の際などに見ることができます。
ここからは、そんなお酒と日本人の関わり方を時代ごとに解説していきます。

飲むペースや日本酒の温度による違い

冷酒や熱燗をゆっくり美味しく楽しみたい方には、おちょこがおすすめです。
おちょことセットの徳利は、口が締まっていて温度が変化しにくい構造をしているため、長時間美味しさを保つことができます。
また、少しずつ飲むことで悪酔いも抑えられますし、日本酒は決してカロリーが低いとはいえない飲み物なので、ちびちびと飲むほうがいくらか健康的であるともいえます。
一方ぐい呑みは容量が比較的多いため、ゆっくりと飲んでいては、飲み終わる頃にはぬるくなっている可能性があります。
ぐい呑みは飲むペースがはやく、豪快に楽しみたい方向けの酒器だと覚えておきましょう。

日本人とお酒の歴史

日本書紀などによると奈良時代以前は、身分に関わらずお酒を飲み、神へお供えすることで無病息災や豊穣を祈願し、そのお酒を飲むことで厄払いをしていたと推測されます。
しかし、奈良時代後期からは、酒造りは基本、専門の役所だけに限られ、お酒をたしなみ、神事に使うのは特権階級の人のみになりました。
平安時代には僧侶たちもお酒を造り始めます。
このお酒は、僧坊酒と呼ばれるようになります。
なお、清酒は僧坊酒が起源という説があり、奈良県の正暦寺には日本酒発祥の地の碑が建っています。
民間の酒造りが広がっていくのは鎌倉時代です。
この頃から神事や一部の特権階級の人たちしか飲めなかったお酒が、日常的に武士でも飲めるようになりました。
しかし、お酒による、体調悪化やもめ事などが頻発したため、お酒を制限する法律が制定されます。
室町時代になると、現在と近い製法が確立されたことで、お酒の大量生産が可能になり、ようやく庶民の間でもお酒が楽しめるようになりました。
そして江戸時代に入ると、身分を問わず多くの人に楽しまれるようになっていきます。
また、流通網の発達により、将軍のお膝元である江戸には、全国の日本酒が集まるようになります。

明治時代では酒税が財政源

明治時代になると、お酒がもたらす富に政府が目をつけます。
酒税が導入され、自家用のお酒の製造は禁止され、酒造家の保護を行いました。
そして、日清・日ロ戦争資金としてさらに酒税は増えていきます。
しかし、酒造技術にとっては、これらの政策にもメリットがありました。
政府が国立の醸造試験所の設立や全国新酒鑑評会を開催することで、お酒の品質や安定性が向上したのです。
また、一升瓶での販売が始まったことで、規格が統一され、衛生面も飛躍的に進歩しました。

日本酒と日本人の今

現在では和食ブームに伴い、日本酒は日本に限らず海外でも「SAKE」と呼ばれ、浸透し始めています。
例えば、フランスのお店では、ワインやシャンパンと同様に日本酒が置かれ、現地では専門店や酒蔵もでき始めています。
また、日本でもSNSの普及により、日本酒に関するイベントが各地で開催され、地酒の銘柄を耳にする機会も増え、若者や女性といった、かつてはあまり日本酒を好まなかった層も、好んで口にするようになっています。
さらに、蔵元見学や酒造巡りといった観光も新たな日本酒の楽しみ方として人気です。
このように日本酒は今、新たな時代を迎えようとしています。

●まとめ

100周年を迎える銘柄「美少年」。多くの困難を乗り越え挑戦を続けています。 これからも伝統を守り、受け継ぎながら新しいテイストにチャレンジしてまいります。 皆さまからのご愛顧にお応えする事が出来れば何より嬉しく思います。 ”新生美少年”の新たな穏やかでかろみのある口あたりの日本酒を飲んだことがない方は、ぜひ一度お試しください。