日本酒と清酒の違いとは?原料や製法、アルコール分の基準を解説

日本酒も清酒もよく聞く言葉ですが、その違いを知らない人も多いのではないでしょうか?
両方の違いを知れば、より美味しくお酒を楽しむことができます。

ここでは、「日本酒と清酒の違いが分からない」という人のために、清酒の定義や種類、おすすめの清酒を紹介します。

日本酒と清酒の違いとは?原料や製法、アルコール分の基準を解説

日本酒と清酒の違い

居酒屋やバーに行くと、「日本酒」や「清酒」という文字を見かけることも多いでしょう。
みなさんは、その違いを知ったうえで飲んでいますか?
日本酒と清酒は混同されやすいですが、厳密には異なる意味を持ちます。
ここでは、清酒の定義、清酒と間違えやすいお酒について説明します。

日本酒の画像

酒税法による清酒の定義

清酒は日本酒の一種であり、酒税法に定められた定義を満たすものを指します。
酒税法上の清酒の定義は以下のようになっています。

  • アルコール分:22度未満
  • 原料:米、米こうじ、水、その他政令で定める物品(醸造アルコールなど、ただしその合計が米の重量の50%を超えないもの)
  • 製法:原料を発酵させてこす

日本酒のうち、上記の条件を満たすものを清酒と呼びます。
かつては透明度の高いお酒を清酒と呼んでいましたが、現在の酒税法では濁っていても定義に当てはまるものは清酒に分類されます。

にごり酒・どぶろくは清酒?

日本酒の中には、「にごり酒」や「どぶろく」と呼ばれるお酒もあります。
かつて「にごり酒」は濁ったお酒、清酒は透明度の高いお酒という意味で使われていましたが、現在は酒税法の定義を満たすものは濁っていても清酒に分類されるので「にごり酒」は清酒の一種であると言えます。

一方で「どぶろく」は清酒ではありません。
清酒の製法には、原料を発酵させてできる醪(もろみ)を「こす」工程が含まれます。
「どぶろく」には「こす」という工程がないため、清酒ではないのです。

合成清酒とは?

清酒と同様の製法で造られた原酒に、醸造アルコールや糖類、アミノ酸などを加え香味や色沢を清酒に寄せたものを指します。
食料としての米の価値が高かった戦前に、「米をあまり使わずに清酒のようなお酒を造りたい」という考えのもとに生まれました。
そして、1940年(昭和15年)の酒税法改正により、「合成清酒」という名前が付けられたのです。

清酒の種類(特定名称酒)

清酒は、原料や製法の違いにより「吟醸酒・大吟醸酒・純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒・特別純米酒・本醸造酒・特別本醸造酒」の8種類に分けられ、これらを清酒の「特定名称」と呼びます。

特定名称酒

「吟醸酒」は60%以下に精米された、米こうじ、醸造アルコールを原料としています。
さらに吟醸造りで発酵させるということも要件に含まれています。「大吟醸酒」は精米歩合が50%以下の清酒を指します。

「純米酒」は米、米こうじ、水だけが原料の清酒です。
「純米酒」には精米歩合が決められていませんが、「純米吟醸酒」は60%以下、「純米大吟醸酒」は50%以下と数値が決められています。
また特殊な方法でつくると「特別純米酒」と呼ばれます。

「本醸造酒」は米、米こうじ、醸造アルコールで作られており、精米歩合は70%、「特別本醸造酒」精米歩合が60%以下か特別な方法で作られた清酒です。

精米歩合とは玄米に対する白米の重量割合のことです。
たとえば、精米歩合60%なら玄米の表面を40%削り取るという意味です。
玄米の表面には、清酒の製造に必要なたんぱく質や脂肪、ビタミンなどが含まれますが、多過ぎると清酒の風味を悪くしてしまいます。
そのため、清酒を作るときには表層部を削り、中の白い部分を使います。
一般的には、精米歩合が低いものほど米の中心近くまで削るので、雑味が少なく高価格になる傾向があります。

●まとめ

清酒と日本酒は厳密には違うものであり、酒税法でその定義が定められています。
そして、清酒は吟醸酒や純米酒、本醸造酒など8種の特定名称に分類され、それぞれ違った風味の特徴を持っています。
日本酒と清酒の違いや種類を知っておくことで、より一層日本酒を美味しく楽しく味わうことができるでしょう。

【おすすめの日本酒】大吟醸2本720mlセット

日本酒と清酒の違いや、特定名称酒の違いを知ったうえで、美味しい日本酒を味わってみたいと思いませんか?
しかし、日本酒には数えきれないくらい多くの種類があるため、迷ってしまう人も多いでしょう。

そんな人には、熊本県菊池市の酒蔵「美少年」の「大吟醸2本720mlセット」がおすすめです。
美少年は江戸時代から引き継がれる酒造技術を持つ、歴史の長い酒造会社です。
セットの「大吟醸 菊池」と「大吟醸 賢者」は、どちらもアルコール分16度、精米歩合40%の大吟醸です。
名水熊本県菊池水源の仕込み水を使って山田錦を低温醸造させており、水や米本来の風味を味わうことができます。
「菊池」は清らかで透明感のある味わいを持ち、「賢者」はまろやかな甘みと切れを持つ、香り高い清酒です。
飲み方としては、「菊池」は冷やしてワイングラスで、「賢者」は冷やしてぐい呑みで飲むのがおすすめです。

大切な人への贈り物としても、また特別な日に家で楽しむお酒としても最適な日本酒です。