日本酒の一合・一升って何ml?日本酒の単位「尺貫法」とは

日本酒の一合・一升って何ml?日本酒の単位「尺貫法」とは

晩酌などに日本酒をたしなむ方は少なくありません。
しかし一合徳利(とっくり)や一升瓶とは、厳密にはどれくらいの量か分からない、という方も多いようです。
普段あまり使わない単位なので、無理もありません。
この記事では、日本酒の量を表す「尺貫法(しゃっかんほう)」とその歴史、一合当たりのアルコール量などを解説します。

日本酒の単位

日本酒の画像

居酒屋などで日本酒を注文する際には、「何合にしますか?」と聞かれることがよくありますよね。
日本酒の酒器の大きさを思い浮かべて、何となくこのくらいの量かな?とイメージで注文している方も多いのではないでしょうか。
日本酒の量を表す単位について正確な知識を持っていると、お店やネットで注文するとき困らなくなるでしょう。

一勺

「一勺(しゃく)」は、約18mlで、一合の10分の1です。
あまり聞きなれない単位ですが、お猪口(おちょこ)の容量を表すときに使われます。
お猪口にもさまざまな大きさがあり、よく使われるのは2勺(約36ml)~5勺(約90ml)のものです。
グラスに注ぐとつい飲みすぎるので、ちびりちびりと飲むのにお猪口はぴったりですね。

一合

「一合」は、約180mlです。日本酒好きなら、一番耳にする単位ではないでしょうか。
ご飯を炊く際にもよく使う単位です。
酒器では徳利を表す単位として用いられ、一合徳利、二合徳利(約360ml)などがあります。
また、祝いの席で木製の枡(ます)を使って日本酒を飲むこともありますが、最も一般的なのが一合枡です。

一升

「一升(しょう)」は、約1.8L(約1,800ml)で、一合の10倍です。
2L入りペットボトルよりやや少なめの量と捉えると、イメージしやすいかもしれません。
お店で売られている大きいサイズの日本酒の瓶が「一升瓶」です。
以前は小売りの日本酒といえば一升瓶が普通でしたが、最近ではサイズダウンした4合瓶(約720ml)で販売するのが主流となってきています。

一斗

「一斗(と)」の容量は、約18Lで、一升瓶10本分の量です。
この容量の日本酒は、家庭で見かけることはほとんどありませんが、酒造会社から居酒屋へ卸す際などに使われます。
オイルや塗料などを入れる「一斗缶」という言葉なら、人によっては馴染みがあるかもしれません。

一石

「一石(いっこく)」と呼ばれる単位は、約180Lを指します。
一斗の10倍、一升瓶だと約100本分の量となります。
お酒を頼む際に使うことはまずありませんが、酒造の生産量がどれくらいかを表すなど、生産と流通の現場で使われる単位です。
また、江戸時代の大名を「何万石の大名」と呼ぶのも、この単位を使った表現の一例です。

尺貫法の歴史

日本酒の画像

日本酒の量を表すのに用いられる「合」や「升」は容積を表す単位で、長さを表す「尺」や重さを表す「貫」とともに、「尺貫法」の単位の一部です。
どのような歴史があるのでしょうか。

尺貫法の起源はとても古く、古代中国で漢の時代に体系化された単位だといわれています。
その後日本に伝わり、701年の「大宝律令」により「尺・升・斗」が制定されました。
ただし当時の単位は、今の単位とは異なっています。

現在の尺貫法にあたるものは、1891年に公布された「度量衡法」で確立しました。
その後、1959年に計量法が改正され、商取引で尺貫法を用いないことになったため、目にする機会は限られるようになったのです。

現在では、液体の容量は「cc・L(リットル)」で表示するなど、メートル法が取り引き・証明の計量単位として使われています。
しかし、昔から伝わってきた単位として、日本酒の量を「合・升」、また不動産で土地の広さを「坪」で表現するなど、一部では尺貫法が残っています。

日本酒一合あたりのアルコール量

日本酒はその銘柄の豊富さだけでなく、燗酒や冷酒など飲み方による違いを味わえるのも魅力ですね。
つい飲み過ぎてしまわないように、アルコール量についてもチェックしておきましょう。

アルコール量は、
【お酒の量(ml)×(アルコール度数(%)÷100)×0.8】の式で計算できます。
なお、「×0.8」はアルコールの比重を計算に入れるためのものです。

一般的に日本酒のアルコール度数は15度前後が最も多いとされています。
ここではアルコール度数15%の日本酒、一合(約180ml)あたりのアルコール量を計算してみましょう。
【180(ml)×0.15×0.8】で、アルコール量は約21.6gとなります。

厚生労働省が定める基準飲酒量は、一日平均のアルコール量が約20gで、おおよそ日本酒一合分に相当します。
あくまで基準であるため、ご自分の体質や体調に合わせて飲みましょう。
ちなみに、糖質は純米酒一合で6.5gほどです。糖質制限している方は参考にしてください。

日本酒の単位を覚えておくと、自分の飲酒量をきちんと把握できるので大変便利です。
お酒は楽しく味わうことが基本。飲酒量の目安を知って、飲み過ぎないようにたしなみましょう。

(参照元:日本食品標準成分表2015年版(七訂)
https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/02/16/1365343_1-0216r9.pdf)

まとめ

日本酒の量を表す単位には、古い歴史のある「尺貫法」が使われています。
一合は約180ml、一升は約1.8Lです。
日本酒一合のアルコール量は、およそ21.6gで、1日の基準飲酒量に相当します。
これからも日本酒をおいしく飲み続けていくために、アルコール量を把握しながらお楽しみください。