日本酒の純米酒とは?美少年のおすすめをご紹介

「純米酒」は、香り高く米の旨味を存分に感じられる日本酒です。今回は、そんな美味しい純米酒の種類について説明します。
加えて、熊本の酒蔵「美少年」から発売されているおすすめの純米酒をご紹介します。美味しい純米酒を知りたい方、必見です。

日本酒の一種、純米酒の特徴とは

日本酒は、一定の条件を満たすと「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」といった特定名称酒に分類されます。
その中で純米酒は、製造の過程で醸造アルコールが添加されていない、米と米麹、水だけを原料とした日本酒です。
米の旨味やコクをしっかりと味わえることから、日本酒初心者から通に至るまで、幅広く飲まれています。

また、純米酒は冷えても温めても常温でも美味しく、多彩な味わい方が楽しめるとあって人気の高い日本酒です。
そして、和食のみならず、肉料理、魚料理、洋食、中華料理などとも相性がよく、食中酒にピッタリのお酒です。

純米酒には4種類ある

純米酒は、精米の歩合や製造方法、香りなどによってさらに4種類(純米酒・特別純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒)に分けられます。
ここでは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

純米酒

純米酒には、精米歩合(原料米を削る割合)の規定がありません。販売されているものの多くは、精米歩合70~60%程度の米が原料となります。
純米酒は、香味・色沢が良好で、米の旨味が強く、比較的濃厚な味わいのものが目立ちます。おすすめの飲み方はぬる燗(40~45度)です。
温めることで香りが広がり、飲み口がまろやかになります。

特別純米酒

特別純米酒は、精米歩合60%以下、または特殊な製法を用いた、香味・色沢が特に良好な日本酒です。
特殊な製法には明確な定義はないですが、主に原料の米や発酵方法、搾りなどが異なります。
米の旨味と調和のとれた味わいで、蔵元による個性が感じられるものが多いのが特徴です。

純米吟醸酒

純米吟醸酒とは、精米歩合60%以下の米を使った日本酒です。丹念に磨かれた米を原料とし、低めの温度で時間をかけて発酵させることで、「吟醸香」という香りを放ちます。
吟醸香は「華やか」「フルーティー」などと表現されることが多く、味覚だけでなく嗅覚も楽しめます。
純米吟醸酒の米本来のふくよかな味わいは、料理の味を引き立てるため、食中酒におすすめです。銘柄にもよりますが、冷酒やぬる燗にしても楽しむのもいいでしょう。

純米大吟醸酒

純米大吟醸酒も純米吟醸酒同様、磨き抜かれた米を10℃前後の低温で長時間じっくり発酵させる「吟醸造り」を用いた日本酒です。
精米歩合50%以下の米を使用することで、雑味のないすっきりとした味わいが楽しめます。
また、米を磨き上げることによってさらに吟醸香が強く感じられ、華やかな香りと米の旨味の絶妙なバランスが味わえます。
香りと味をより堪能したいなら、10℃程度の「花冷え」で飲むのがおすすめです。

【熊本の美味しい日本酒】美少年のおすすめ純米酒を紹介

ここからは熊本の酒蔵「美少年」が製造している純米酒の中から、おすすめの純米酒を厳選してご紹介します。

清夜

純米酒 清夜

「純米酒 清夜」は、精米歩合70%の菊池産米「ひのひかり」を主に使用した純米酒で、2015年の「日本全国美酒鑑評会 純米酒部門」で準大賞、「Kura master 2019」で プラチナ賞を受賞しています。

口に含めばほんのり甘みが広がり、飲み込む際にはすっきりとした酸味が感じられます。おすすめの飲み方は、常温・冷酒・ぬる燗で、季節や好みに合わせて楽しみましょう。

杢左衛門

特別純米 杢左衛門

「杢左衛門」は、精米歩合55%の米を使った、香り高くまろやかな口あたりが特徴の特別純米酒です。キリリと冷えた冷酒、豊かな風味が引き立つ燗のどちらでも美味しく飲めるところが、支持されており、食中酒にも最適です。

熊本県初のオリジナル酒米「華錦」、菊池渓谷で知られる清らかな水、華やかな香りを生む熊本酵母の、選び抜かれた素材が生み出す味わいをぜひお楽しみください。

劍門

純米吟醸 劍門

「純米吟醸 劍門」は、米の旨味とフルーティーな香りが魅力の日本酒です。後味がすっきりとしているので、普段あまり日本酒を飲まない方にもおすすめの純米吟醸酒です。

酸味と甘みとキレの絶妙な調和に、ついつい飲み進めてしまうこと間違いなしです。美味しい飲み方は冷酒や常温。料理と相性がいいので食中酒にもピッタリです。

青天井

純米大吟醸 青天井

「純米大吟醸 青天井」は、すっきりとした飲み口を求める方から支持を集めています。精米歩合50%まで磨き上げた熊本県初のオリジナル酒米「華錦」を使用しており、純米大吟醸酒ならではの品のある吟醸香を満喫できます。

冷酒、室温、熱燗どれでも美味しくいただけますが、特におすすめは冷酒。青天井特有のクセのないフレッシュな味わいが楽しめます。

まとめ

純米酒には純米酒、特別純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸の4種類があり、それぞれに違った香りと美味しさがあります。
さらに温度によっても美味しさの表情が変わるため、日本酒ファンを魅了してやみません。
記事を読んで4種類の味、香りの違いが気になった方は、ぜひ、4種類すべてを嗜んでみて、自分好みの純米酒がどれかを確認してみてはいかがでしょうか。