一年で一番旨い「酒」ひやおろし2020年

今年もこの季節がやってきました!

オファー

今年もこの季節がやってきました!
一年で一番うまい酒、秋の贅沢『ひやおろし』販売開始です!


長い梅雨が続き、遅い夏が始まったと思っていたら、もう秋の気配。秋になれば、みなさまお待ちかねの「ひやおろし」が解禁となります!
美少年の蔵人たちは、今年もこの「ひやおろし」づくりに力を入れ、熟成の見極めに最新の注意を払い、大切に管理してきました。
特に今年は長梅雨だったこともあり、春夏の酒蔵は熟成にはぴったりの環境。旨みの増した濃厚な味わいと、穏やかで落ち着いた香りの、美味しい「ひやおろし」ができあがりました。
脂ののった秋の味覚とともに、ゆっくりと味わっていただきたい逸品です。冷やで飲むのもよし、ぬる燗で飲むのもよし。贅沢な家呑みになること間違いなしです!

ひやおろし

オファー

秋の味覚と相性抜群!
「ひやおろし」に合うお料理はこれ!


秋の贅沢「ひやおろし」には、やっぱり秋の味覚が相性抜群です!

その中でも特にオススメのお料理をご紹介します。


秋刀魚の塩焼き

脂ののった秋刀魚の塩焼きと、熟成が進んだ「ひやおろし」のまろやかさがベストマッチ!

秋の贅沢とはまさにこのことですね!

サンマ

秋鮭の塩焼き

秋刀魚だけじゃない!秋鮭も忘れてはならない秋の味覚ですね。

脂がたっぷり乗った鮭とパリパリして香ばしい皮に「ひやおろし」の旨みがとても合います。

鮭

鍋料理

これから寒くなる季節に鍋料理は欠かせないですね。

「ひやおろし」は鍋料理の素材そのものの味わいとスープの旨みと相まって、

より美味しく感じられることでしょう。

鍋

ジビエ料理

最近はジビエ料理のお店も増えてきました。

ジビエとは鹿、イノシシなどの野生鳥獣の肉のこと。ジビエも秋の旬のひとつ。

脂の乗ったワイルドなジビエの肉は、熟成した「ひやおろし」とピッタリ合います。

ぜひお試しください。

ジビエ

チーズ

カマンベールチーズなどのクリーミーなチーズはひやおろしとよく合います。

チーズの塩気やコクを「ひやおろし」の芳醇な甘みが包み込み、

まろやかさやクリーミーさが引き立ち、どちらも美味しく味わえます。

チーズ

オファー

9月、10月、11月と熟成が進み味わいの変化を楽しめる「ひやおろし」。 月によって呼び名も変わります。

「ひやおろし」と名づけられていても、出荷された時期により味わいに少しずつ変化が見られます。

暑さの残る9月にはフレッシュ感も残している味わいのお酒が、10月、11月になるとまろやかさと旨みを増し、ほんの数ヶ月でもここまで変わるのかと驚くほど。呼び名もこんな風に変わっていきます。


秋酒イメージ

9月…「夏越し酒(なごしざけ)」

夏を越し、涼風が吹きはじめた頃に出回る「ひやおろし」は「夏越し酒」と呼ばれます。

苦味や渋みがやわらいでおり、粗さがとれ、濃醇ながら、軽快さとまろやかさがあります。

10月…「秋出し一番酒(あきだしいちばんざけ)」

秋も深まった時期に出回るのが「ひやおろし」は「秋出し一番酒」と呼ばれます。

味のノリが良く、香味とのバランスも絶妙に。

11月…「晩秋旨酒(ばんしゅううまざけ)」

そろそろ秋も終わりを迎えるこの時期に出回る「ひやおろし」は「晩秋旨酒」と呼ばれます。

3種類の「ひやおろし」のなかでも特に円熟な味わいで、濃密なとろみが特徴です。

長めに寝かせただけあって、旨味、まろやかさがぐんと上がっています。

オファー