焼酎と日本酒の違いは?誰かに話したくなるお酒の豆知識

お酒の豆知識

日本が誇るお酒である焼酎と日本酒について、改めて問われると説明できない方は多いのではないでしょうか。
さまざまな種類や飲み方がある焼酎や日本酒について、原料から飲み方まで、共通点や違いを解説していきます。
日本を代表するお酒への理解を深め、酒席の場にも活かしてみてはいかがでしょうか。

焼酎と日本酒の6つの違い

お酒のなかでも、なじみのある焼酎と日本酒ですが、それぞれの違いについて、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。
ここでは、焼酎と日本酒の異なる点や特徴を6つの観点からご紹介します。
原料にはじまり、飲み方まで、プロセスに沿って説明していますので、ぜひ順を追って理解していってください。

1.原料の違い

焼酎と日本酒では、まず使っている原料が異なります。
まず焼酎の場合は主原料によって芋焼酎・米焼酎・麦焼酎などの種類に分かれます。
米焼酎と日本酒は、「お米」という意味では共通していますが、日本酒の原料は酒造専用である一方、焼酎の原料は食用の米が使用されます。
酒造専用の米の特徴は、食用の米と比較して粒が大きい点で、この部分に脂肪やタンパク質が多く含まれます。
この部分を削り、雑味の少なくしたものが日本酒の原料となります。
脂肪やタンパク質を削るプロセスは「精米」と呼ばれますが、70%程度の大きさまで削るのが一般的で、場合によっては30%から50%程度にまで削ります。

2.麹菌の違い

麹菌にも違いがあります。焼酎では、白麹や黒麴が使われています。
特に、黒麹はもともと沖縄の泡盛に用いられており、これが広まって南九州で焼酎が普及していきました。
これらの麹は温暖湿潤気候に強い性質を持っています。一方、日本酒では黄麹が用いられます。
日本酒の特徴でもあるフルーティーな味わいを作り出すには、この黄麹が欠かせません。
黄麹は気温や湿度が高いと適応できないため、日本酒は冬場に仕込みをすることが多いのです。
長期熟成酒・長期貯蔵酒などと呼ばれることもあります。

3.仕込み方の違い

焼酎と日本酒はいずれも主原料・麹・酵母・水で仕込みをする点は共通しています。
このなかでも酵母には多くの種類があり、酒質に合わせて酵母が選択されます。
日本酒や、焼酎のなかでも米を主原料とする米焼酎の場合、主原料・麹・酵母・水を用いた3週間程度の仕込みですが、焼酎のうち芋・麦・蕎麦などを主原料とする場合、麹・酵母・水のみで一次仕込みを行ったのち、蒸した主原料を加えて二次仕込みを行います。

4.アルコール度数の違い

焼酎と日本酒の大きな違いはそのアルコール度数にあるといっても過言ではないでしょう。
アルコール発酵を終えた「もろみ」という段階では、日本酒が約20%、焼酎は主原料の違いによって約14%から20%程度のばらつきがあります。
そして、日本酒の場合はもろみを上槽して澄んだ液体にしたのち、加熱することで微生物の働きを止め、水を加えるとアルコールの度数は約15%程度になります。
一方、焼酎の場合はもろみを蒸留することで透明な液体にします。
蒸留ではもろみを蒸気釜で沸騰させ、蒸気を発生させたのち、冷却水で蒸気を冷やし、蒸留の原液を摘出します。
この日本酒にはない蒸留というプロセスを経て、不純物が取り除かれた状態となり、原料の風味が強く残った飲料になります。
アルコール度数は芋焼酎だと37%から38%程度、米焼酎では42%から44%程度と高くなっています。
アルコール発酵後のもろみの処理の仕方で、アルコール度数にここまでの違いが出ることを覚えておきましょう。

5.熟成法の違い

焼酎と日本酒は、その熟成方法にも異なる点があります。
焼酎は糖質がゼロという特徴から、貯蔵すると熟成が進み、コクやまろやかさが増していきます。
いろいろな貯蔵方法がありますが、「蔵」という単位で貯蔵され、工夫を凝らして3年以上もかけて貯蔵される焼酎もあります。
3年以上の期間貯蔵された焼酎を50%以上使用した製品には、そのラベルに「長期貯蔵」と書かれています。
一方で、日本酒は焼酎に比べると短いサイクルで消費されます。
糖分を含み、味や香りの成分も焼酎と比較して高いため、時間がたつと味も劣化しやすいのです。
特殊な貯蔵酒でない限り、1年以内に消費するのが一般的です。

6.飲み方の違い

ここまでに挙げたように、焼酎と日本酒ではアルコール度数が大幅に異なるため、当然飲み方にも違いが出てきます。
焼酎はアルコール度数が高く、ストレートではなくロックや水割り、お湯割り、炭酸割りなど好みによってさまざまな飲み方があります。
一方、日本酒は常温や冷やすなど温度はさまざまですが、そのままストレートで飲むのが一般的です。

まとめ

以上で原料から製造方法など、焼酎と日本酒それぞれの特徴を理解していただけたのではないでしょうか。
熊本県の通販サイト「美少年」では、味わいの違う焼酎や日本酒を豊富に取り揃えております。
好みに合わせてお気に入りの1本を見つけてください。
各商品のページには、購入前に味のイメージがしやすいよう、5つの項目の「味わい評価」もついています。
ぜひ、お気に入りの1本を見つけてください。。