【日本酒豆知識】甘口と辛口の違いとは?

甘口と辛口の違い

日本酒は、何をもって甘口と辛口が決まるか、ご存じでない方も多いでしょう。
日本酒の甘口と辛口を決定づけるにあたり、日本酒度・酸度・甘辛度がそのカギを握ります。
そこで当記事では、日本酒度・酸度・甘辛度について詳しく解説します。
甘口・辛口それぞれのおすすめの銘柄情報も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

日本酒の甘口と辛口の違い

近年のブームにより、メディアでも数多く取り上げられている日本酒。
「甘口」と「辛口」に分かれた豊かな味わいは、今や日本国内にとどまらず、
海外の方までも魅了しています。

しかしながら、この甘口・辛口の違いについて正しく理解されている方は、
日本国内でもそう多くないのではないでしょうか。
日本酒の甘口・辛口を分ける基準は、日本酒度・酸度・アミノ酸度の3つの数値をもとに設けられています。
これらの数値の意味を知っておけば、きっと自分好みの日本酒に出会いやすくなるはずです。
日本酒度・酸度・アミノ酸度について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.日本酒度の違い

「日本酒度」とは、日本酒の中に含まれる糖分を中心とした成分の量を指します。
この成分が少ない場合はマイナスになり、多い場合はプラスになります。
日本酒度の平均は、0.0~+0.5です。この数値を下回る場合は濃醇な甘口に、上回る場合は淡麗で辛口な味わいになります。

2.酸度の違い

日本酒には、多くのアミノ酸(グルタミン酸・アルギニン・セリン・ロイシンなど)が含まれています。
日本酒度が同じ数値の場合でも、アミノ酸度が高ければ甘口に、低ければ辛口の味わいになります。

3.アミノ酸度の違い

日本酒には、多くのアミノ酸(グルタミン酸・アルギニン・セリン・ロイシンなど)が含まれています。
日本酒度が同じ数値の場合でも、アミノ酸度が高ければ甘口に、低ければ辛口の味わいになります。

美少年のおすすめ日本酒をご紹介!

株式会社「美少年」は、1752年に肥後熊本藩六代藩主である細川重賢の命によって、
現在の熊本市南区城南町に酒蔵を造り、酒造りを始めたのがルーツとされています。
1920年に清酒「美少年」を発売し、九州で有数の銘酒としての地位を確立しました。
江戸時代から続く伝統的な技法により、今なお酒造業界で活躍している人気メーカーです。
ここからは、そんな由緒ある美少年の日本酒の中でも、おすすめの銘柄をいくつかご紹介します。
甘口・辛口に分けて、それぞれの特徴と最適な飲み方についてもお伝えしますので、ぜひ日本酒選びの参考にしてください。

おすすめの日本酒(甘口)

◆純米大吟醸 青天井
50%精米した熊本県オリジナルの酒米「華錦」を100%使用し造られた銘酒です。
「青天井」の名に違わず、天井知らずに味わいと香りにこだわり、
爽やかな味と上品な香りに仕上がりました。常温や熱燗でも美味しくいただけますが、
冷やして飲むのが青天井の美味しさを最も感じられる飲み方です。

◆大吟醸 幻夜
こだわりの麹によってもたらされる旨味が、繊細な味の和食にぴったりな銘酒です。
蔵人が72時間かけて造り上げた麹を使用しており、それによって極上の旨味が生み出されています。
旨味の奥で引き立つ辛味が、より一層奥行きを感じさせる、癖になる1本です。

◆古酒(大吟醸)千洸(ちひろ)
長期間じっくりと丁寧に熟成させた古酒です。
「千洸」は、7年もの歳月をかけて熟成させることにより、とろっとしたまろやかな口当たりを実現しています。
米本来の味もしっかりと感じられる、昔懐かしい甘口の日本酒です。

おすすめの日本酒(辛口)

◆純米吟醸 零
熊本県菊池市産のお米と、日本名水百選に選出された菊池渓谷の美味しい水を使用しています。
低温発酵で丁寧に醸し出した銘酒です。飽きのこない飲みやすい味わいなので、毎日の食前酒や食中酒にも最適です。

◆特別純米 杢左衛門
熊本県オリジナルの酒米「華錦」と、菊池渓谷で育まれた清らかな水を原料として造られた銘酒です。
コクとフルーティーな香り、すっきりとした飲み口、酸味、そして辛さのバランスがとれた絶妙な逸品です。
和食はもちろん、洋食や中華料理とも相性がよく、食事のお供に最適です。

◆純米吟醸 劍門
美少年の日本酒の中でも特に人気が高いのが、こちらの「劍門」です。
菊池産の米「ひのひかり」と、熊本県オリジナルの酒米「華錦」を原料に使用しています。
やや辛口な味わいの奥に、フルーティーさや甘みを感じられる1本です。
出汁の効いた和食との相性が抜群によく、食中酒にもってこいでしょう。


日本酒の甘口・辛口は、日本酒度・酸度・アミノ酸度の3要素によって決まります。
日本酒を選ぶ際は、これらの数値に注目してみると、自分の舌に合う1本が見つかるでしょう。
また、日本酒は銘柄ごとに美味しい飲み方や相性のよい食事が異なります。
食の好みや飲み方の好みに合致するものがあれば、いくつか飲み比べてみるのもよいかもしれません。

● まとめ

日本酒初心者の方や、多くの種類の日本酒を飲み比べたことがない方も、
甘口と辛口の違いを知っておくことで、自分の味覚に合った日本酒選びができるようになります。
また、銘柄によっておすすめの飲み方や食事との相性なども異なるため、
それらも加味することでよりお目当ての1本を見つけやすくなるでしょう。
これらの知識を踏まえた上で、ぜひ美少年の日本酒から、お気に入りの1本を探してみてください。